羊ヶ丘展望台が無料開放中ですよ。

札幌観光の大ヒント

羊ヶ丘展望台が無料開放中です!(2020年8月限定)

(2020年8月3日)

今日は昼過ぎまで藻岩山にいました。

写真は藻岩山の展望台から見た
遥か遠くの羊ヶ丘展望台


直線距離で約6,5㎞です。

藻岩山から羊ヶ丘展望台は車で約30分。

こちらも2020年の8月中は、入園料が
無料になっていますよ。

これはめったに無いチャンスなので、
見逃しては行けません。(笑)
普段の8月なら観光客がたくさん来るけど、
今日はパラパラとしかいませんでした。

到着して、まず1番に見に行くのはこちら。

「クラーク像」であります。

 

今日のクラーク像は青空の中に

羊ヶ丘展望台と言えばクラーク像です。

札幌観光のガイドブックにも必ず
紹介されていますね。

このクラーク像の前、いつもは多くの観光客で
人だかりなのです。

でも今日は、平日で人も少ないので
単独写真撮影に成功。

青空を背景に、これは素晴らしい写真。
(たまに出る自画自賛)

 

クラークさんは、1876年(明治9年)7月から
翌年の5月まで札幌農学校に赴任していました。
(札幌農学校は今の北海道大学)

 

クラーク像の後ろ側から撮った写真は
こちら。

画面奥に見えるのは「藻岩山」です。

 

広大な草原に羊がいるよ

クラーク像の周りは広大な草原。
羊がたくさん放牧されていますよ。

ここは「羊ヶ丘展望台」と言うくらいですから、
羊は必ずいなけれななりません。(笑)

この風景、観光で来た人には感動的。
まさに「北海道~!」って光景だわ。

地元市民の俺だって「うわ~すごい!!」って
思うもん。

羊の背中はふっかふかなんだろうなあ~。(^_^)

 

いつまでも見ていられる風景だな、、

 

では、次の見どころは、、?

 

ラベンダー畑も見て来たよ

建物裏にはラベンダー畑があります。

動物で癒されたあとは、ラベンダーの香りに
包まれてみましょう~。

とは言うものの、今日は8月3日。

ラベンダーはかなり後半の状況で
ありました。(^_^;)

(見頃は7月中旬からとなります)

 

ラベンダー畑の周りは静かな自然の中。

緑の芝生に寝転んで、僕も観光客の気分になって
楽しみましたよ。

 

羊ヶ丘展望台のまとめ

・2020年8月中は入場料が無料です。
 (札幌市民以外の人も無料)
 

・営業時間
 9時~17時
 (夕方は案外早く終わるので
  注意しましょう)

・滞在時間(目安として)
 クラーク像や羊など、外の散策で
 約1時間。
 売店や飲食の利用、他の施設見学を
 した場合は2時間程度となります。

 

写真撮影スポットはかなりありますので、
色々と撮影場所を探すのも楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました