北海道開拓の村は見どころがこんなに!

札幌観光の大ヒント

(2020年4月1日)

今回の世界的騒動で臨時閉園されていた
北海道開拓の村

新年度が始まった4月1日から、無事に
再開されましたよ。

ここの敷地内はかなり広く、思った以上に
見どころはたくさんあります。

札幌の観光でも人気の場所の1つなので
ご参考までにどうぞ。

では早速、村内のご案内です。

 

ほんと、見どころが多すぎなのです

北海道開拓の村は、明治~大正当時の建物が
多く建てられています。

一番奥までは800m。

広大な敷地!

 
時間が短いと周りきれない場合があるので、
3時間ぐらいの余裕があると良いでしょう。
(途中で休憩タイムも必要ですし)

わたくし、今回の訪問でほとんどの建物を
見て来ました。
 
ただ、全部の紹介は膨大な内容となるので
特に注目の場所をご紹介しますね。(^_^)

 

村内に入ってすぐに見えるのがこちら。

「待合旅館」です。

ここは汽車の待合と、宿泊所を兼ねた建物。
店舗前の木で出来た電信柱も良いね。

どの建物もそうですが、中に入れますので
当時の雰囲気をしっかりと味わうことが
出来ますよ。

待合旅館の中はこんな感じ。
ここは売店かな?
ガラスケースの中に見えるお菓子が
気になります。(笑)

 

この旅館の隣には、「お蕎麦屋さん」が
ありますよ。

なんか、普通に営業しているみたいだね。

中の様子は、、

おお、昔の厨房だ。
井戸の手押しポンプが見えるよ。

自分が小学生の頃、じいちゃんの家の
裏庭にあったなあ。(^_^)

普段見る事のない当時の世界を
体験出来るのは、とても楽しいですな♪

 

続いては、このお蕎麦屋さんの向かい側。

「旧小樽新聞社」です。

 

建物に使っている石は札幌軟石。
明治40年代の建築様式だそうです。

ビル内には当時の印刷機が置いて
ありますよ。

 

千秋庵の箱が気になる、、(笑)

念のためご説明しますが、千秋庵は
北海道の有名のお菓子屋さん。
(千歳空港内にもあります)
ノースマンがとても美味しいのだ。

 

では、話を戻しましょう。

 

村内を歩いていると、本当に当時の
町を歩いている感覚になります。

写真手前の線路は馬車鉄道
子供(3~14歳)  100円
大人(15歳以上) 250円
で乗ることが出来ます。
(今日はまだ運行前でした)

2020年の運行予定は、今後
発表されるそうです。

 

これ、100年位前の札幌の光景かなあ?

 

今の市内と比べるとまるで別世界だね。

 

北海道開拓の村で気を付けたいこと

建物はこんな感じで色々と続きます。
全部の建物の数は52件ありますよ。

ここは「野外博物館」なので結構歩きます。
季節に合わせた服装と、歩きやすい靴で
行くのが良いでしょう。
(奥まで全部周ったら、3㎞近く歩く
 距離となりますよ)

木が多く、自然の中なので野鳥の声も
あちこちから聞こえてきます。


望遠カメラを持って行くと、鳥の写真も
撮れるかも知れませんよ。
(今日は近くにヒヨドリがいました)

こうして歩いていたら、突然に
とある動物と遭遇!!

 

その動物とは、、??

 

 

野うさぎだ。(^_^)

正式名称は「エゾユキウサギ」

 

毛が冬毛(白)から夏毛の茶色に
変わりつつあるね。
 
野ウサギなんて久しぶり。
ここは歴史も自然も見どころが
豊富ですなあ♪

 

この北海道開拓の村、各建物は
かなりリアルに再現されています。

 

たまに人形に遭遇するので、一瞬
「びくっ!」となる事も、、(笑)

 

これから春が進むと村内の緑も増えて、
よりきれいな光景が広がるでしょうね。

 

また、「漁村郡」のエリアに行くと朝ドラの
マッサンで実際に使われた建物もあります。
 

(旧 青山家漁家住宅)

 

あのドラマの舞台を知りたい人には
特にピッタリの場所。

 

奥の部屋にはヒグマの毛皮が
敷かれてありました。

 

当時の豪華な時代が感じられます。
 

住宅の横には倉庫も隣接。

昔はこれにニシンを入れて
背負っていたのですね。
(重労働が想像されます、、)

ちなみに、この背負い箱は「モッコ」と言います。

昔、小樽に住んでいた知り合いのおばあちゃんに
名前を教えてもらった記憶がありますよ。

 

この様に、ここは北海道の開拓時代を
強く知る事が出来る場所。

村内は広い敷地なので、人が多すぎで疲れる
と言う事はありませんよ。

 

まるで100年前にタイムスリップしたような
世界です。

見どころ豊富なので、観光の予定地として
どうでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

園内の情報は事前にHPで確認するのを
おすすめいたします。

≫≫公式サイトはこちら

 

(追記 4月14日)

せっかく4/1に再開したものの、4/12(日)に
北海道と札幌市が「緊急共同宣言」を発表。

4/14(火)~5/6(水)まで、また臨時休館と
なってしまいました、、

 

なので、もう少し施設を紹介致しますね。
(^_^)

 

園内には「教会」もあります。
正式名は「浦河公会会堂」。

木造建築の、とても雰囲気の良い建物です。

 

ここ、2階にも行く事が出来ました。

 

上る階段を見てみてください。
まるでハシゴの様な急角度!!
(滑り落ちないように、、)

 

2階からは室内全体が見渡せますよ。

ここで実際に式を挙げた人もいるのですね。
(本人の記念写真が置いてありました)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました