札幌市下水道科学館にいこう!

札幌観光の大ヒント

「下水道の科学館ってなに??」と
思ったかも知れませんね。

ここは全国でも数館しかない珍しい施設です。

住所は「北区麻生町8丁目1」。

『札幌市民にも案外知られていない施設』
なんて声が聞こえて来る時もありますが、、(笑)

ここは無料駐車場があるので、車でも気楽に
行く事ができます。(約25台分あり)

それに、駐車場だけでなく入館料も無料!

展示物を見るのはもちろん、実際にさわって
体験する物もあるので、幼稚園から小学生には
特にオススメ!

家族みんなで勉強&遊ぶことができますよ♪

 

そしてこの下水道科学館、面白いものを
配布しているのを知っていますか?

今、じわじわと注目されているのです。

それは、、

「マンホールカード」!! なのです。

『もういっぱい集めているよ!』と言う人も
いるかも知れませんね。

普段は気にもしないマンホールの『ふた』。

その『ふた』のデザインは全国各市町で
全然違っていて、その絵柄がカードとして
作られています。

北海道で言えば、26市町からの絵柄が
配布中。(2019年1月現在)

この下水道科学館では札幌市の
マンホールカードを配布しています。

「ん?それってどんなカード?」と
今思ったあなたへ。

ここに実物がありますよ♪

(実際のマンホールには色はついていません)

ちなみにこれが路上にある
本当のマンホール。(札幌市西区にて撮影)

真ん中には札幌のシンボルでもある時計台。

左右には市内中央を流れる豊平川と、
鮭がデザインされていますね。

 

そして、さらに面白い話が続きます。

実は札幌のマンホールカード、、

もう1枚、別の種類も出ていたのです!
(2018年12月14日発行)

北海道内のマンホールカードで、現在
2種類を出しているのは札幌市だけ

それがこちら。

時計台のデザインタイプとはまた
違うものですね。

このデザインのマンホールが札幌市内に
設置されたのは1964年から。(50年以上前)

基本、住宅街の道路を見るとすぐに
見つけることができますよ。

普段の生活ではあまり気にしない
「下水道」ですが、科学館に行くと
面白い話がたくさんありました。

 

下水道科学館へ行く前に、、

ちょっとした注意事項があります。

① 休館日は月曜日ですが、祝日の関係で
 火曜日の事もあります。
 (HPの事前確認が安心です)

② 開館時間は9:30~17:00

③ 地下鉄の場合は南北線の2番で降りて
 徒歩15分くらいです。(約1㎞)

コメント

タイトルとURLをコピーしました