札幌の野鳥を知ろう!(バンと言う名の鳥だよ)

今日の気になる札幌話

札幌にバンと言う名の野鳥がいるぞ

2021年9月10日(金)

今回の札幌野鳥は、見つかると嬉しいバンのお話です。
バンは水鳥なので、池のある公園などに行かなければなりません。
 
ただし、数は多くないので探すのはちょっと難しいかも、、?
 
でも、いないというほどでもない。
(どっちよ?笑)

まあ微妙なところなのですが、気長に探してみましょう。

ちなみに「見つかると嬉しい」と思うのは完全に個人的見解です。(^m^)

バンの大きさはカモよりは小さくて、ハトと同じくらい。
水草が生えている池によくいますよ。
(草に隠れるのが好き)

黒い体に赤いクチバシ。

ふと池をみると優雅に泳いでいる時もあります。

うまく見つけられるかな、、?

 

バンは札幌のどこにいる?

僕が札幌のどこにいるのか全てを知っている訳ではありませんが、タイミング良くいたのはこの2ヶ所。

・五天山公園(西区)

・百合が原公園(北区)

どちらも園内に池があって近くまで寄れるので、写真が撮りやすかったですよ。

札幌市西区の五天山公園はこちら。

公園の奥に大きな山があり、その麓(ふもと)に池があります。

 

池まで行って見ると、、

 

いたっ!!

クチバシの先端が黄色になっていて、そこからおでこまでが真っ赤。
体が大きめなので分かりやすいと思います。(ハトくらい)
 
珍しく逃げずにいましたよ。

 

そして北区の百合が原公園。

この日は2021年6月29日。

池の近くの草むらで発見!!

 

ちょうど生まれたばかりの子供も2羽いたよ。
(必死に親鳥について行く、、)

マガモみたいに多くはいないね。

どちらの公園も親鳥は1羽しかいませんでした。

夏前はバンの幼鳥が見られました

引き続き、百合が原公園の幼鳥。
(2021年7月4日)
生まれてすぐの頃は毛が真っ黒だね。

なかなか近くには寄って来ないので、望遠で撮影です。
ちょっと画像が荒くてすいません。

 

バンは、カモ一家の近くにいる時もあります。

  

そして五天山公園の幼鳥。
(2021年7月20日)

大きくなりました。

まだクチバシは赤くなっていません。

バンの右側は「カイツブリ」の幼鳥

百合が原公園の2羽もこうなりましたよ。
(2021年8月23日)

日に日に成長して行きます。(^^)

 

バンにはびっくりする特徴がある

体が黒っぽくてクチバシが赤い水鳥がいたら「バン」だと思って大丈夫。

そして、この鳥には最大の特徴があるのです。

それは、、

足が異様にでかい。

のです。(@_@!)

 

うまく写真が撮れました。

足に注目。

体の大きさに比べて、とても大きな足。

 

幼鳥の時から、もうこんなに大きいのです。

 

でも水鳥なのに「水かき」がありません。(?)

うーん、不思議。

もし近くにいたら足を見てみてくださいね~。

 

(水かきが無くても、首を振りながら一生懸命泳ぐのさ)

 

(まとめ)バンは意識して探さないと見つからない

北海道ではバンは夏鳥になるので、寒い期間は見られません。
そしてカモやハトみたいに数が多くないので、見る機会は少ないでしょう。

沼地や池に行くとさりげなく泳いでいることがあるので、興味があれば探してみてくださいね~。(^^)

黒い体に赤いクチバシ。

人の姿を見ると「プイッ!」と離れてしまうので、遠くで見つけた時にはゆっくり近づくと良いですよ。

 

江別市の泉の沼公園も狙い目

札幌から離れてしまいますが、江別市の「泉の沼公園」でも見かけたことがあります。

駐車場は無料。
ここはなかなか良い沼があり、人も少ないのでゆっくり探せますよ。(^^) 

あまり知られていないバンですが、案外ちゃんといるのです。
カメラを持って撮影へGO~♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(簡単に見つかるのはシジュウカラ ↓)

 

(こちらも身近なゴジュウカラ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました