ここは東白石横断歩道橋。通学路として子供を守る重要な橋。

歩道橋シリーズ

(2019年8月15日)

少しずつ、紹介する歩道橋が増えて来た♪

今日は第4回目、「東白石横断歩道橋」です。
(住所は白石区南郷通14丁目北4)

地下鉄南郷通13丁目駅と国道12号線の間、
「白石・藻岩通り」に設置されています。

東白石小学校が近いので、多くの子供達の
記憶に残っている歩道橋かも知れませんね。

 

南郷通り側を向いて撮影したのがこちら。

左右が直線の階段になっていて、
基本的な作りのタイプです。

後ろに回り込んで、国道12号方面を向くと
こんな感じに。

 

ちゃんと、歩道橋の名称も入っていますね。

(この歩道橋は色がちょっと緑っぽい??)

 

では登りましょう。

なかなか、札幌の冬を何度も越えた
時の流れを感じるね、、(^_^;)

 

上に着いた。
電線が目の前にあるよ。(!)

(もちろん、さわってはいけません)

 

それでは、橋の上からの景色を紹介。

こちらは国道12号線方面。


反対を向いて南郷通側。
ちなみに、ここの「はなまるうどん」
昔からあって美味しいお店だよ♪
(その隣に、お風呂屋の「南郷の湯」もあります)

 

上の通路の様子も撮りました。
ほんの少しだけアーチ状になっているのが
分かります。

 

 

最後は階段を下りて、道路の反対側に到着。

 

歩道橋の下も見てみよう。

撮り始めると止まらない(笑)

 

少し遠くから見て気づいたんだけど、
ここの白石藻岩通り、道路がちょうど
歩道橋の所でへこんでいるね。 

歩いてみて初めて分かるものだ。

 

東白石横断歩道橋の歴史を発見!

歩道橋をよく見ると、ここの色を塗り直した時の
年月が書いてあります。

① 1996年11月
② 2001年8月

最後に塗ったのは18年も前かあ、、

他の歩道橋よりも色が濃いめなのは
何か意味があるんだろうかね?

 

そして、もっとびっくりした表示を発見!
(文字が読みやすいように、ちょっと
 画像の色を加工しています)


1972年3月に製造って書いてある!

1972年と言えば、札幌オリンピックがあった年。

47年も前に設置されていたんだね。(驚)

 

そして、その下には「北海道建設」の表示。
これって札幌市じゃなくて、『北海道』
作ったと言う意味だよなあ?
 
同じ歩道橋でも管轄が2つに分かれているからね。
これからも色々な表記が見つかるはず、、
(今後にご期待を)

あまりにも身近かな歩道橋ですが、気づくと
なかなかの歴史がある事が分かりました。

ここは、東白石小学校の生徒の安全を守る
重要な歩道橋です。
 

≫≫次はここから600m先に進みますよっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました