野幌森林公園の野鳥。アカゲラとオオアカゲラの違いを解説。

市内の美しい公園

【完全理解】アカゲラとオオアカゲラの違い

(訪問は2020年12月22日)

札幌はどーんと雪が降って、すっかり
冬景色となりました。

今日は天気が良かったので、野鳥を探しに
また野幌森林公園へ。

タイミング良くアカゲラオオアカゲラ
同時に発見しましたよ。

なかなか良いアングルの写真が取れたので、
今回はこの2種の違いについてまとめました。

僕も最初は違いが分かりませんでしたが、
注目ポイントを知れば見分け方は簡単。

「アカゲラ」と「オオアカゲラ」。
違いを見分ける注目点は大きく3つ。

1、お腹の模様が違う

2、背中の模様が違う

3、体の大きさが違う

です。

 

では、見てみましょう~。

 

野幌森林公園のアカゲラとオオアカゲラ

まずはアカゲラから。

感覚的な話になりますが、森で多く見かけるのは
アカゲラの方です。
(市内中心部の中島公園でも見かける事が
 あります)

「ピャッ!ピャッ!」と鳴きながら
飛び回りますよ。

(僕は野幌森林公園に来ると、
 7~8割の確率で見つけています)

 

そして次に「オオアカゲラ」。

 

「ううむ、どこに違いがあるの?」
と、思いますよね?

まずはお腹を見てみましょう。

1、お腹の模様が違う

オオアカゲラのお腹を見てみましょう。

黒い模様が入っているのが分かります。

 

 

ところが、「アカゲラ」の場合には
お腹に模様が入っていません。

 

見つけた場合、まずはお腹の模様に
注意してみましょう。(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて2つめ。

2、背中の模様が違う

オオアカゲラの背中がこちら。

 

そして「アカゲラ」がこちら。

 

うむむ、ちょっと難しい??

実はアカゲラの背中は、左右に白い模様が
あります。

個体によってちょっと模様が違いますが、
注意して見ると分かりますよ。

 

木にとまっている所を見かけたら、
まずチェックしてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3、体の大きさが違う

アカゲラよりオオアカゲラは大きいのですが、
見た目での判断はなかなか難しいです。

・アカゲラ(体長約24cm)

・オオアカゲラ(体長約28cm)

と言われているものの、遠くに見つけた時の
大きさの判断は不可能に近いです。
(目の前に飛んで来る事もあまりありません)

 

最初にもお話しましたが、普通に見かける事が
多いのは「アカゲラ」です。

普段からアカゲラを見慣れていると、たまに
オオアカゲラを見た時に

「あれ?なんか大きくね?」

と、気づくようになるでしょう。(^^)

 

(イメージ)

普段見かけるアカゲラより大きく感じる。
 ↓
背中の模様の確認。
 ↓
もし見れたらお腹の模様も確認。

 これでどちらの種類かの判断が出来ますよ。

 

キツツキはその名の通り木をつつくので、
立ち止まって耳を澄ましてみましょう。

「コンコンコン、、」と聞こえて来たら
見つけられるかも知れません。(^₋^)

見分けるポイントが分かれば、より楽しい
観察が出来ますよ♪

 

野幌森林公園のその他の野鳥

この日は他の野鳥も見られました。

アカゲラ、オオアカゲラのいる場所で
同じキツツキのコゲラもいましたよ。

  

コゲラは日本で一番小さいキツツキ。

さりげな~く、コンコンとつついて
いましたよ。(笑)

体長は15cmほどで、スズメをちょっと
ぷっくりとさせた感じであります。

 

そして、市内の住宅街でも良く見る
ヒヨドリ。

野幌森林公園内のあちこちにいますよ。

今日も甲高い元気な鳴き声でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました