野幌森林公園の深まる秋、野鳥と百年記念塔も

市内の美しい公園

野幌森林公園に秋が来た!百年記念塔の周りで野鳥達が飛び回る。

(2020年10月18日)

人口が197万人の大都市札幌。

その大都市の郊外にあるのが
自然豊かな野幌森林公園

百年記念塔が建てられている広大な場所です。

(豊平区から見た景色)

 

この野幌森林公園は森の中に散策路があり、
自然の中をのんびりと歩けますよ。

(森林内の様子)

 

今日、僕は車で森林公園に行きました。
(駐車場は無料)

今回は百年記念塔と、野鳥の写真が
中心の話となります。 

どうぞ、秋の光景と一緒にお楽しみください。

 

野幌森林公園の百年記念塔

百年記念塔は遠くからでも目立ちます。
(高さは100m)

(西区の三角山からの光景)


 

以前より「解体される」との話が出ていますが、
北海道の公式サイトを見てみると、
解体をする会社の公募が始まっていました。

公募契約は来年(令和3年)の10月まで。

つまり、来年の10月にはもう無くなっている
可能性があるのです。

なので、秋の写真が撮れるのも今年が最後。

数年前からは塔中央の展望台にも行けなく
なってましたから、老朽化が進んで
しまったのでしょうか、、

 

今日は快晴で太陽のまぶしい光が当たり、
とても綺麗でした。

 

百年記念塔の周りは、すっかり秋の
雰囲気となっていましたよ。

 

写真だとなかなか伝わりづらいですが、
100mの高さは圧巻です!
(塔の右下に見える人の姿に注目)

 

これから紅葉も進んで行くので、もし時間が
ありました是非訪問してみてください。

 

百年記念塔近くで野鳥探し

野幌森林公園には多くの野鳥がいます。
ただ、うまく出会えるかは行ってみないと
全く分かりません。

今日は百年記念塔近くの森から野鳥の
声がしましたよ。

静かに近づいて行くと、、

 

最初に見えたのはシジュウカラ。
俊敏な動きなので撮影が難しい。(^^;)

 

後ろ姿も良いですな。

  

次に見つけたのが「ヤマガラ」。
(お腹が少しオレンジ色です)

飛ぶ瞬間の撮影だったので、羽がちょっと
出ちゃったね。(笑)

小さくて動きの速い鳥は難しい。
まだまだ練習が必要だな、、

 

そして聞えて来たのは木をつつく音。

「コンコンコンコン、、」と奥から響いて来る。

 

これは絶対にキツツキだ!!

その方向を見ると、、

 

かなり遠くの木にいました。

アカゲラです。

野幌森林公園に来ると大体いるね。
木をつつく音が聞こえるから、見つけ
やすいのかな?
今日も見られて良かった良かった♪

 

そして、今日はまだ違う野鳥が飛んできました。

この鳥の鳴き声は住宅街でも良く聞きます。

「ピイーー!!」「ピイーー!!」と、とても
かん高くて大きな鳴き声。

鳩よりは少し小さくてスリムな体。
ヒヨドリ」です。

何枚か撮れましたが、あっと言う間に
飛び去ってしまいました。

 

最後はこの鳥。
ススキの中から突然出て来ましたよ。

名前は「ホオジロ」。
すっごい警戒してるぞ、、
(そして同じくあっと言う間に飛び去る)

 

こんな感じで、今日は何とか撮影が
出来ました。

天気が良くて暖かいからか、元気な
野鳥ばかりでしたよ。

また次回、挑戦しますね。(^_^)
 

(最初の一冊に。↓)

 

野幌森林公園の中はどんな道?

最後は簡単に、野幌森林公園の中についてです。

園内の道は自然歩道。

場所によってはちょっとした階段もあるので、
厚底の靴の方が歩きやすいですよ。

 

これからの時期は道が濡れているので
長靴だとより安心。

橋の上はドロドロでした、、(^^;)

  

今日は天気が良かったので、紅葉も綺麗に
見られました。

 

青空が出ていると、何を撮っても鮮やかに
写りますなあ~。

 

森の中にはたくさんの雪虫。

 

紅葉も見頃はあと10日ほど。

静かに静かに冬が近づいて来ていますね、、

 

簡単ではありますが、今日(2020年10月18日)の
野幌森林公園の様子でした。

 

≫≫この前見たフクロウの話はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました