平成最後のさっぽろ雪まつり

今日の気になる札幌話

( 2019年2月15日 )

「今年は平成31年」。つまり、平成最後の
雪まつりですね。

そして今回でちょうど70回目の開催。
すごい歴史があるものだ。

  

たくさんの人で大にぎわいするメイン会場。
それは市内中心部の『大通り会場』であります。

まずはテレビ塔に近い方の大雪像。
(4丁目会場)

うまく写真で雪像の大きさが伝わるかなあ、、?

(人の大きさと比べると、高さがイメージ出来ます)

この大雪像のテーマは、
「Hard Rock Family Live」
~ 初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage ~

立体的な作りなので、ギターを持って
演奏している感じがとても良く分かります。

その右側のギターに注目してみると、、

ボディが「北海道」になってますね!(^o^)

そして、ちゃんと「トレモロアーム」も
付いています。
(簡単に言えば、音を「わうんわうん!」と
揺らすアームの事♪)

それから、さらにまだ細かな所があります。

その場所がここ! 指で弦を押さえる所。

専門用語では「指板」(しばん)って言うのだけど
よ~く見てみると、、

分かります?

これは北方領土の4島なのです。

国後島(くなしりとう)、択捉島(えとろふとう)、
色丹島(しこたんとう)、歯舞(はぼまい)群島。

ちゃんと入っていますよ。

これが大雪像の魅力。大きいだけではありません。
細かな所まできっちりと繊細に
作られているのですよ。

大雪像の夜の魅力

「 夜は雪像のライトアップが素敵♪ 」

ところがそれはもう、古い過去のお話、、

今はもう時代が変わりました。
夜になると、今まで想像も出来なかった
すごい演出があるのです。

それが「プロジェクションマッピング」。

雪像に色が!
そして動画までも!

さっきの通り、夜の普通のライトアップは
こんな感じ。

 

ところが、プロジェクションマッピングの
映像が入ると、、

これって本当に雪像なの!?
と、思わず言葉が出てしまいます。

(動画もお届けしたいのですが、技術不足で
すいません、、 出来る様になったらUPします)

このプロジェクションマッピングは他の
大雪像でも随時上映。
昼間に見る光景とは全く違う、夜の雪まつりの
魅力なのですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました