真駒内川にもサクラマスがいる?さけ科学館にも行ってみた

札幌観光の大ヒント

(2019年10月9日)

南区の真駒内川サクラマスが帰って
きていると言う話を聞きました。

 

これはすぐに行ってみなければ!

と言うことで、相変わらずせっかちな
わたくし。(^_^)
 

ただ気になるのは、昨日からずっと
降っていた雨。

『朝もまだ降っていたよなあ、、』

と思いながら車で向かい、現地近くの
真駒内ドームに到着。
(駐車場Cです)

 

ここから向かうは公園橋。

 

駐車場から140mほど歩けば、
すぐに到着。

もう着いた。

 

橋の上からのぞいてみたら、、

 

むむむ。

 

やはり増水か、、?

 

せっかくだから、ちょっと
川岸まで行ってみよう。 

 

橋の横に道があり、ここを進みます。

 

うーん、途中で恐ろしい看板を見つけて
しまった訳で。


今日は10/9だから大丈夫。
(と言う事にしておこう、、)

 

そして、ここからジグザグの坂道を
下るんだけど、

行けるの、これ?(笑)

草もさもさ。

 

いや、これは行くしかないっ!
(大げさ)

 

草をかきわけかきわけ、真駒内川の
ほとりに到着。

 

そこは、、 

 

やっぱり増水でしたあ!!

そして濁流!

 

今日は残念、、
また近いうちだね。

流れがゆるやかだったら、きっと
ここにサクラマスがいるのであろう。

こんな川の流れが強い日って、魚はどこを
泳いでいるのだろうね?

 

では、さっきのジャングルを登って
橋に戻ろう。

橋に戻ると「さけ科学館」が見えるよ

向こうに見える建物。

 

そうです。「さけ科学館」ですね。
(正式名は「札幌市豊平川さけ科学館」)

札幌市民なら「行った事あるよ~!」と
言う人も多いはず。

この日は外側の手直しで、建物が工事中。

これはこれでめったに見られない、
リフォーム中の光景。

 

中には普通に入れます。

入館は無料。
そのまま靴を脱がずに入って大丈夫。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(注意!)
ちなみに、
2019年12月2日~2020年2月3日まで
一時休館となります。
(全館工事の為)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

改装前の館内を見られるのは、
今がチャンスであります。

 

さて、その管内の様子は、、?

 
入ってすぐのホールはこんな感じ。

 

ひとつひとつの展示に、とても丁寧で
詳しい説明が入っています。

 

そして、動画での学習もバッチリ。

あまり詳しく出すとさ、行った時の楽しみが
無くなるので、今回は軽めのご紹介♪
 

そして、このホールの向こうには、、?

 

はい。奥の部屋には、たくさんの水槽。

アメマス、ニジマス、サクラマス。
ベニザケ、ギンザケ、カラフトマス。

自分の知らない「サケとマスの世界」が
ありました。
こんなに細かな種類があるんだね。
ここもまた、一つ一つをじっくりと勉強
出来ますよ。

 

そして、これだけではありません。
展示はまだまだ続きます。
  

奥には、地下に向かうであろう階段が、、

行ってみる?

この「下に降りる」と言う行動は
ワクワク度がUPするね。(笑)

 

階段を降りると、、

 

 

奥まで広がる大きな水槽!

 

大人になる前の魚が多いよ。

 

そして、一番奥の水槽には立派な鮭が!

 

これはすごい迫力!!

こっちが見られている感じだわ。(笑)

 

さけ科学館と真駒内川のまとめ

では、最後にまとめです。

その時のタイミングにもよりますが、この
真駒内川ではサクラマスやサケを
見る事が出来ます。
(今日は増水で残念でしたが、、)
 

そして、さけ科学館にも気軽に入館可能。
水族館にいるような感じで、楽しく
見る事が出来ますよ。

車で行った場合、
11/3までの土・日・祝日は乗用車の
駐車料金が320円。(平日は無料)
 
また、11/4 ~ 4/28の冬期間は
ずっと無料となります。

今は川に帰って来た魚を見られる
タイミングなので、ちょうど良い時期で
あります。

 

(真駒内川で見られなかった場合は、
 科学館裏の飼育槽をチェック!)

 

秋の穏やかな一日をお過ごしください。(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました