中島公園東通、横断歩道橋はどうなる!?

歩道橋シリーズ

(2019年8月3日)

前回(2019年6/11)にいきなり始めた
「歩道橋をわたれ」シリーズ。
無事に2回目を迎える事が出来ました。
(威張るほどの話じゃないけどさ。笑)

これからも何とか続けて行きましょう!

さて、今日はこちらをご紹介。

中島公園東通横断歩道橋

うわ、いきなり漢字だらけじゃ、、(汗)

これは、「中島公園東側 道路
にある歩道橋の事であります。

簡単に言えば、旧YAMAHAの建物と
札幌パークホテルの間。

画面奥が札幌市内方面

 

今回、なぜこの歩道橋を選んだのか?
それには理由があるのです。

実は、、

 

今後、無くなる可能性が高い!
のです。

 

今、札幌市のHP内にも出ているのですが、
撤去にむけての議論がされています。

 

無くなってしまったら二度と見る事ができない
歩道橋のある光景。

これはしっかりと記録をして
おかなければなりません。(^_^)

 

と言う事で、見てみましょう。
まずはこの写真から。

 

うむむ? ここの歩道橋は左右で階段の
形が違いますよ。

・左側が螺旋(らせん)階段
・右が直線の階段

と、珍しいデザインであります。

 

ぐるっと回ってみるとこんな感じ。

 

階段の登り口を見ると、確かに
貼り紙がありました。

撤去?存続?

「ご意見は、2019年9月末までください」と
書かれていますよ。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、この張り紙の所から上ります。

階段に近づくと、、

 

これ、正直に発言して良いですか?

 

「かなり古いね、、」

 

よく見たら、さっきの張り紙にこう書いて
ありました。

「歩道橋は46年経過してます」と。

 

うむむ!? 46年前っていつ?

2019(年) - 46 = 1973年

1973年と言えば、昭和48年じゃないか!

階段がこんなになってしまうのも
分かる気がします、、

 

そんな月日の経過を感じつつ、上に到着。

 

実は前回の第1回目歩道橋紹介の時に
大失敗をやらかしていました。

それは、、

「歩道橋の上から写真を撮るのを忘れた」
事です。(涙)

だから今日は、忘れる前にすぐ撮影!!

 

こちらは札幌中心部方面の景色。

 

そして、こちらは南側の光景。
歩道橋の上からは直接見えませんが、
右側に中島公園が広がっていますよ。

≫≫中島公園内の詳しい話はこちら

 

そして、らせん階段を下りると、、

 

こうなるわけだ。

 

もう少し下がって全景を撮影。

 

1年後(2020年8月)も、この光景が残って
いるだろうか、、?

 

ちなみに、横のパークホテルは1964年に完成。
(今年で築55年)
このホテルも建て替えが予定されていて、
2023年に新しくなるとの事。

 

この写真、数年後には「札幌の歴史」の
貴重な1枚になるであろうなあ、、

 

≫≫次の「歩道橋訪問」は札幌駅のすぐ近く! 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2020年12月、追記です)

この写真を撮ってから1年2ヶ月後、
ついに歩道橋が撤去されてしまいました、、
(2020年10月末に撤去終了)

街の光景というのは、こうしていつの間にか
変わって行くのですね~。

撤去された「中島公園東通横断歩道橋」は
多くの人の思い出の中へ、、

 

この「撤去」の情報は、Twitterでも
たくさんの反応がありました。

僕も昔はYAMAHAに行く時に
通っていた歩道橋。

無くなるとなんだか寂しい気持ちに
なるものですね。

(おわり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日のウォーキング。
エネルギーの源として。

コメント

タイトルとURLをコピーしました