【2021年 】早春の中島公園は眩しい光の中

市内の美しい公園

【2021年】光り輝く早春の中島公園

(2021年3月27日)

今日の札幌は久しぶりに朝から
天気が良くなりました。

ここ数日で市内の雪はあっと言う間に
無くなって、歩きやすくなりましたよ。

さて、本日の訪問場所は中島公園

園内にはまだ雪が残っていましたが
早春の素敵な光景が広がっていました。 

 

中島公園の散策路の様子

一ヶ月前の2月下旬は完全に冬景色。

 

それからひと月過ぎた今日。
 
歩道はすっかり雪が無くなり
短靴でも濡れずに歩けます。

冬はバリバリに凍っていた川も
太陽の光を反射して、キラキラと
輝く流れに変わりました。

春ですなあ~。(^_^)

 

気温は約10度。
秋から冬に向かう季節だと、10度は
ものすごく寒く感じるのに
早春だと全く逆。
ほっかほかに感じるさ。(笑)
 

澄み渡る空と芝生に残る残雪。

良い光景であります。

  

今日の中島公園の菖蒲池

菖蒲池(しょうぶいけ)は夏には
ボートにも乗れる人気スポット。

このアングルだと池はまだ凍って
見えますが、少し右に歩くと
こんな感じに。

かなり水面が見え始めて来ましたよ。
これも今時期だけの早春の光景。
(奥の建物はパークホテル)

 

2月末に行った時は完全結氷の状態。

今は長い冬を過ぎての春だから
雪解けの光景を見ると
ものすごく嬉しくなっちゃうさ。

 

そして、池からちょっと歩くと見
えて来るのが、、?

中島公園の天文台

札幌市民にはおなじみの天文台。
60年以上前からこの地にあります。

冬はソリすべりで遊べる小さな山。
ここも雪は減って来ましたね~

青空を背景に「春の天文台」って
雰囲気だ♪

今日みたいな天気が良い日は
太陽の観望が出来る時があります。
(天文台は入場無料。開いていたら
是非入ってみましょう)

 

青空に映える豊平館(ほうへいかん)

園内を進んで行くと、遠くに
見えて来るのが豊平館(ほうへいかん)。

天気が良いので、今日はより鮮やかに
見えています。

建物の色は
「ウルトラマリンブルー」。

青空とはまた違う青さがとても
美しいのです。

 

手前に池があるのですが、ここは
まだ結氷中。

 

 

素晴らしき、美しき建物であります。
(国の重要文化財に指定されていますよ)

 

 

中島公園で見た野鳥

最後は中島公園内にいた野鳥を
紹介しますね。

園内は広くて木も多いので、いつも
鳥のさえずりが聞こえる場所。

 

最初に見つけたのはシメです。

園内では良く見かけますが、警戒心が
強いのでなかなか近くまでは寄れません。

 

逆に人慣れしているのがカラス。(笑)
中島公園のカラスはいつも距離が近い。
(北海道神宮内のカラスもそうですが)

近くの木の枝から「じい~」っと人間を
見ていますよ。

お弁当やおやつを食べる場合、狙われない
様に注意であります。(^^;)

 

そして菖蒲池。
水面が出ている所には、もうカモが
やって来ていました。

夏場は何十羽もいますよ。

 

天文台の近くにいたのがツグミ。

 

よくよく見たら色が茶色いので
ハチジョウツグミかな?

 

今日は天気が良いからか、野鳥がたくさん
見られます。

スズメくらいの大きさのヒガラも発見!

松の葉の影が写り、微妙な写真と
なっちゃったね、、
(その後、あっと言う間に飛んで行く)

 

一番大きな声で鳴いていたのはヒヨドリ。

みんなみんな、寒い冬を乗り越えて
春を迎えました。

 

今年の札幌は桜の開花も早い
予報が出ています。(4/27頃)

あっと言う間に通り過ぎる季節ですが
毎日大事に過ごしていこう~っと。(^_^)

早春の中島公園の様子でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました