【2020年】野幌森林公園の百年記念塔。解体前の最後の秋。

市内の美しい公園

(2020年10月22日)

広大な原生林がそのまま残る
野幌森林公園

秋のこの時期は、毎日どんどんと紅葉の
様子が変わって行きますよ。

>>10月18日にも散策しました♪
 

今日は車で訪問。
北海道博物館横に停めました。
(駐車料金は無料)

北海道博物館から百年記念塔までは
約500m。(歩いて7~8分)

本日は快晴で、透き通る青空でありました。

 

解体前の百年記念塔。最後の秋の光景。

百年記念塔は完成が1972年。

高さ100mの塔は、いつ見ても
すごい迫力であります。

今日も秋の青空を背景に美しい光景。

そして、ニュースでも言われている通り、
この百年記念塔は今後解体される予定と
なっています。
(北海道のHPには解体準備の話が出ています)

なので、秋の写真を撮れるのは今年が最後

今回は百年記念塔の思い出として、
いろいろと撮ってみましたよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野幌森林公園は塔の周りが森になっており、
少し離れた所でもその姿がよく見えます。

 

森の中は落ち葉がたくさん。
ここはもう秋が後半になっているのが
分かります。

 

先に先に歩いて行くと、、

紅葉の中に見えて来た百年記念塔。

 

どこまで歩いても美しい光景が続きます。
(^_^) 

 

 

ずっと散策していたくなるね。

 

百年記念塔を見ながら野鳥観察

今日は天気が良いからか、たくさんの
野鳥が飛び交っていましたよ。

まずはヤマガラ。
オレンジ色ののお腹が特徴です。
(ちょうど木の実をくわえている)

  

小さな後ろ姿。

動きが素早いので、撮影はほんの一瞬!
うまく撮るにはまだまだ練習が必要だな、、

 

次はヒヨドリ。
「ピィーピィー!!」甲高い鳴き声が特徴。

なかなか近くに来ないので、遠距離撮影は
結構難しいー。

今回はこれが一番はっきりと
写ったかな? ↓

   

その後、カケスも現れたのですが、
遠かったのでこれも微妙な写りに、、(涙)

あまりにもひどい写真なので、
後日に撮った写真を置いておきますね。(笑)

カケスはきれいな色ですが、鳴き声は
「ジャー、ジャー!」と濁音です、、

不思議だね。

 

ずっと快晴の野幌森林公園

今日は秋の好天。

ずっと天気が良いので、園内の色々な
光景がきれいに撮れました。

百年記念塔は解体前の最後の姿に
なりますなあ、、

 

葉っぱは、太陽の日差しで真っ赤。

   

青空に映える黄色も美しい。

 

 

そして、ここは「赤レンガ百年並木」。

中央区にある「北海道庁赤レンガ庁舎」
落成100年祝いの時に植樹されたものです。

 

ちょうど、タイミングの良い紅葉の
時期でした。

 

今回も見る所がたくさんあった、秋の
百年記念塔。 
紅葉は大体10月いっぱい位かと思います。

今日も思い出に残る1日となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました