北の早春。当別の大空に白鳥が舞う!

今日の気になる札幌話

(2020年3月26日)

毎年の事ではありますが、この時期になると
北へ帰る途中の白鳥がやって来ます。

ここは札幌のすぐ隣の当別。
正式に言うと「当別町」。
人口約1万6千人の農業の町であります。
 
札幌の北区からだと30分もかからないで
行けるので、とても近い。
数年前には綺麗な道の駅も出来たので
ドライブにもピッタリの場所であります。


今回は白鳥を探しに来ました。

 

すると、あちこち探す間もなく
道路わきの畑にたくさんいるのを発見。

 

これ、「ちょっといたよ~」程度の話では
ありません。

 

めちゃめちゃいます!(驚)

 

ここだけで、ざっと数えて80~90羽!

今回はナイスタイミング。(笑)
遠くなのに、大きな鳴き声も聞こえて
いますよ。 
 

白鳥がいる場所は、
「雪解け水が残っている水田」

水鳥(みずどり)だから、全然平気だよね。
稲の落ち穂を食べているのでしょう。

もちろん野生の動物なので、人には
全然慣れていません。

人間を見ると、すぐに去ります、、
(みんな逃げて行った。 ↓)

 

逃げられない程度に近づいて、カメラの
望遠で何とか撮影。

この2羽は親子かな?
右側は、まだ首が灰色だね。(^_^)

 

ここの畑の稲は美味しいのだろうか。

みんな、ばっくばく食べているな。(笑)

 

そして、場所を変えてまた探してみた。

 

白鳥、当別の空に舞う!

車で走っていても、白鳥が飛んでいるのが
すぐに見える!

飛んで行った方向に素直について行くと、、

 

いました!

 

あちこちから飛んで来るね。

 

ここも稲穂が美味しい水田なの?(笑)

結構いましたよ。

 

畑の横をふと見ると、雪の上に立派な足跡♪

「水かき」までしっかり分かるね。
初めて見たよ。
  

それにしても、白鳥の飛ぶ姿は美しい。

 

次から次へときれいな姿を
見せてくれます。

 

白鳥の体重は、大体10㎏前後。
翼を広げると、幅は2m以上。

真下から見上げると、かなりの迫力で
あります。

グライダーの様に飛んで行った、、 

  

そして、時々「マガン」もやって来ましたよ。

 

みんな当別で体力をつけて、さらに
北へと飛んで行くのですね、、

 

今日は、普段見る事の出来ない
素敵な光景が広がっていました。

 

あともう少しの期間、見る事が
出来るかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました