北海道大学のイチョウ並木。急げ!紅葉見頃を見逃すな!

今日の気になる札幌話

季節に咲く花の様に、市内の紅葉は
始まったかと思うとあっという間に
進んで行きます。

今日は2019年10月25日(金)
 
ここ4、5日間の札幌は、快晴の毎日が
続きました。

晩秋の青空。

街のあちこちが急に色づくのは、まさに今。

この北海道大学イチョウ並木は、毎年
ニュースでも報道される札幌市の紅葉の名所。
 

「今、見頃を迎えている」との話を聞き、
午前に行って来ました。

場所はこちら。

 

どんな光景だったかと言うと、、

 

北海道大学、今日のイチョウ並木の様子

その場所は、
通称「西5丁目・樽川通」の北12条付近です。

西5丁目・樽川通

 

道路沿いからすぐにイチョウ並木は
始まりますよ。

ここでは、先(終点)が全然見えません。
奥までは約360mもあるそうです。

 

では、ゆっくりと北海道大学の構内へ進んで
行きましょう。

 

中へ行くと、一面の金世界!
歩道には多くの人が散策していました。

北海道大学の学生さん。
地元の札幌市民であろう人。
国内旅行の日本人、外国人観光客などなど。

関西弁や、韓国語、中国語。
いろいろな国の言葉が聞こえて来ましたよ。
(^_^)

 

このイチョウ並木、葉の色が微妙に
違うのにも注目。

手前右の木は、まだほんの少し緑が
残っている雰囲気です。

 

あ、車道に出てはいけませんね。
(当たり前ですが)

道路を走る車も結構多いので、写真撮影に
夢中にならないように注意です。

 

そして、さらに奥へと進み、今来た道を
振り返ってみると、、

イチョウ並木のトンネル!

みんな、身を乗り出して写真を撮っています。(^^)
これはかなり夢中になるわ。

 

そして、360m歩いて道路の終点。
真正面からの光景がこちら!

 

ため息が出るような美しさでありました、、

 

歩道にしゃがんで、広角で撮るとまた
雰囲気が違って見えますね。

 

この北海道大学のイチョウ並木、道路横に
説明の看板がありましたよ。

時期は昭和14年(1939年)頃。
最初はサクラやカエデの木と一緒に
植えられていたそうです。
 
その後イチョウだけが残り、今の並木に
成長したとの事。

と言う事は、ここは約80年の歴史が
積み重なった風景なのか、、

 

 

そんな歴史の重みがある場所。
多くの人が見に来る理由が分かりますね。

この紅葉が見られるのは、あと数日の
事なのでしょうか、、
 

北海道大学、構内にあるイチョウ並木。

今日も思い出に残る大変良い日となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

最後に参考記事です。
現地までの行き方を簡単にまとめ
ましたよ♪

北海道大学のイチョウ並木にはどうやって行くの

徒歩で行く場合には、地下鉄南北線が
一番便利です。

降りる場所は「北12条駅」
麻生行きで、地下鉄札幌駅の次になります。
 
2番出口から外に出ましょう。

 

階段を上がるとこんな感じ。
地図の看板がある側(右)に曲がります。

 

ここから歩いて約120m。
正面に北海道大学が見えて来ますよ。

 

あとは右に曲がれば間違いありません。
ここから140mでイチョウ並木道への
入口に到着。(^^)

 

ちなみに札幌駅から歩くと距離は約1㎞。
およそ20分くらいの時間ですね。

 

最後にもう一度、今日10月25日(金)の
様子です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました