令和初!ついに手稲山が初冠雪となる日。冬の扉はもう目の前に。

今日の気になる札幌話

(2019年11月6日)

 

毎年、手稲山が初冠雪となるのは10月中旬。

ところが、今年は11月になっても全然観測が
されない毎日。

今までの一番遅かったのが11月5日なので、
もう記録更新になってしまったね。

そんな遅い記録を過ぎた今日。
全国的になかなかの寒気が日本全体に
入って来たよ。

札幌は朝からどんより雲。

 

注目の手稲山。
どんな感じが見て来ました!

 

訪問したのは西区の発寒河畔公園。
ちょうどここから山頂が見えるのだ。
  
その様子は、、?

 

手稲山の山頂にハッキリと見えたもの

ここから手稲山の山頂までは約8㎞。

 

むむむ?

 

よ~く見てみると!

 

積もってる!!

 

最大望遠にして、もう一枚。

くっきりハッキリと見えますね!

2019年11月6日(水)。
初冠雪です。

手稲山の標高は1023m。

札幌市内は最低気温が4,7度だったけど、
やはり山頂はもっと寒いんだねえ。

そして同じく今日、旭川では初雪を観測。

ああ、どんどんと冬が近づいて来るわ、、

 

ちなみに大分県の湯布院では気温が
氷点下になっとる。
 
九州の方が札幌より寒かったのかあ。

 

寒気はまだ数日続くので、札幌市街でも
明日は雪になりそうな気配。

 

公園の紅葉が雪で包まれる日も近いね。

 

これからの道内、あちこちで初雪のニュースが
入って来るのでしょう。

 

(季節は晩秋から初冬へ、、)


コメント

タイトルとURLをコピーしました