札幌護国神社の駐車場に入る方法。かなり細かく調べてみたよ。

神社。そこに歴史あり。

(2019年10月1日)

札幌護国神社に行きたいのだけれど
駐車場はどこから入るの?

そう思っているあなたへ。

どこからどうやって入れば良いのか、
しっかりと調べましたよ!

ここで事前に確認しておけば、
行った時に迷わないので超安心です♪

 

札幌護国神社の駐車場はこう行くべし!

では早速行ってみましょう。

駐車場に一番 入りやすいのは、
「幌平橋側」から西に向かう方法です。

 

幌平橋はこれですね。

 

橋のアーチを右に見ながら西に直進すると、、

道が下り坂になり、交差点があります。
(地下鉄の出口も見えてきます)

交差点では曲がらず、まっすぐ進みましょう。

 

交差点を過ぎると、右カーブが始まります。

右カーブに入ったら注意!

アクセルをゆるめましょう。

まもなく「左折」です。

 

そしてこれ! 見つけてください。

道路左側の標識です!!

・「30㎞速度制限」
・「駐車禁止」

 

この道路標識の手前を左折なのです。

 

ちょっと細い道ですが、
ためらわずに左折してOK!

 

曲がると、赤い色の橋。
その奥に鳥居が見えてきます。

 

鳥居は近づくと大きいです!

この鳥居の手前を左に曲がりましょう。

 

あとはちょっと進めば左に見えて来ます♪

道路の横が駐車場。

 

奥の赤い鳥居手前まで、停める場所は
あります。

 

ちなみに駐車料金はかかりません。
時間を気にせずにゆっくりと
参拝する事が出来ますね。

以上、車を停めるまでの流れでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(次は、ここから社殿へ向かう方法です)
 

駐車場から社殿までは遠いの?

社殿の入口(神門)はすぐ近くです。
駐車場から見えますよ。
(歩いて1分くらい)

 

すぐに着いた。

 

中に進んで行きましょう。

 

ところが、、

 

あれあれ?

 

賽銭箱はどこ?

 

と、
最初は悩みますが、扉の左側に
説明文が貼ってあります。

正面の扉を
開けてくださいとの事

 

正面の扉を「がらがら~!」と開けると
すぐ目の前に賽銭箱があります。
(さすがに開けた写真は無理でした、、)

 

お参り後はまた自分で閉めましょう。(^_^)

 

そして、今来た道を戻ります。

 

神門を出て右側。
ここには「さざれ石」がありました。

「さざれ石の巌(いわお)となりて」

君が代の歌詞にありますね。

 

≫≫別記の「北海道神宮のさざれ石ってなに?」
  も参考にどうぞ

 

秋の始まりの境内。

紅葉と青空が輝いているよ。

 

ゆっくり散策しながら、駐車場に
戻ります。

 

今日は暖かな秋の日差しの中、素敵な
心の休憩が出来ました。

札幌護国神社。
また来たいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました