北海道神宮のさざれ石ってなに?

札幌観光の大ヒント

(2019年6月12日)

国歌の「君が代」。

この中に、
さざれ石の巌となりて
(さざれいしのいわおとなりて)

という歌詞があります。

さざれ石とは、漢字にすると「細石」。
細かな石のこと、でしょうか、、?
言葉では知っていても、普段見ることは
あまりありませんよね。

ところが、そのさざれ石の実物が
北海道神宮の境内にあるのです。

場所は本殿に向かって右側。

正面の階段を上らないで、社務所側(右)に
進んでいくと、、

見えてきました!

 

ここに「さざれ石」がありますよ。
(岐阜県の春日村産と表示してあります)

 

横には説明の看板があります。

僕も、前に人から教えてもらって
初めて知りましたよ。

国歌のさざれ石はこの事なんだ!と
大変勉強になりました。

令和の北海道神宮を歩く

5月に新元号の令和となり、境内は
お祝いの雰囲気に。

 
今日は平日のせいか、本殿はほとんど
人がおりません。

その本殿近くには、6月14日(金)から始まる
「札幌まつり」の案内がありましたよ。
(当たり前ですが「令和元年度」となってる)

札幌まつりは明治の初期から始まり、
大正、昭和、平成、そして令和へと
つながって来たんだね。

境内を進んで行くと、露店の準備も
しっかりと出来ています。
子供の頃に感じたワクワク感が、この
歳になっても残っているのは不思議な
ものですな。(笑)
(俺、40代半ば)

 

札幌市民で大にぎわいになる前の、
穏やかな初夏の一日でした。

また来よう、北海道神宮。

コメント

タイトルとURLをコピーしました