初夏の北海道神宮へ行ってきたよ!

神社。そこに歴史あり。

はい、札幌じじいでございます。(^^)/

元旦の初詣以来となるかな、、?
すっかり緑が濃くなってきたね。

北海道神宮に来た理由。
今日は一番の目的があるんだ。
それはね、、

六花亭。(笑)

正式には「六花亭神宮茶屋店」と言うのだけど
小さな茶屋風の売店がある。

実はこの売店でしか売ってない
とある『餅』があるのです。

え? もう知ってるって!?


確かに、札幌市民なら知ってる人
多いよね。(笑)
ブログやTwitterでも良く紹介されています。

そうです。その餅とは「判官さま」です。
はんがんさまと読みます)

値段は1個100円(税込み)。
店内で販売していますよ。

 

できたべや♪

 

大変!
この餅、想像以上に柔くて熱々なのを忘れてた!

割った所を見てもらおうと
思ったのだけど、、

「粒あんだよ♪」じゃねーよ!
かなりつぶれちゃったべや、、(泣) 
(まあ、仕方ない)

外はパリッと、中はとろ~り。

なまらうまいわ。(^₋^)
※餅には、少しそば粉が入ってます

さて、六花亭の「判官さま」を食べたなら
必ず知っておきたい話があります。

それは一体、、?

北海道神宮にある島義勇像

明治が始まり、札幌の都市開発にかかわった
「島 義勇」(しま よしたけ)と言う方がいます。

「判官」(はんがん)と言う、現場の最高責任者
として指揮を取りました。

この島義勇さん。
北海道神宮の境内に像があるのを
知っていますか?

場所は本殿に向かって左側。

ここに、見上げる高さの大きな像があります。

 

明治が始まったばかりの頃。
それは今から150年も前の話。

現在では想像も出来ない苦労で、この
札幌を一から作り始めた人です。

そんな功績を称え、北海道神宮の境内に
像が建てられています。

六花亭の「判官さま」の名前は、
ここが由来になっているのですね。

散策や観光など、何かの折に参拝する時には
是非思い出してみてください。
札幌の歴史の始まりを想像出来るかも
知れません、、

初夏の本殿

コメント

タイトルとURLをコピーしました