札幌が冬の景色に変わった日。その1日の貴重な記録がここに。

今日の気になる札幌話

(2019年11月14日)
 

冬の予感はもう前日の11/13からあったんだ。
朝、車のボンネットにはびっしりと着いた霜。
 

 

ほんの数ヶ月前の
あの暑い日を思い起こして書いてみた。


「夏」と書く 指に残るは 霜の冷たさ(笑)

札幌は日に日に気温が下がって来たよ。
 

今日、14日は朝から快晴。

 

ただ、天気予報では警報が発令中。

「急激な天候変化に注意!」

と、何度も言っている。
 

まだこんなに天気が良いのにね。

「午後から大荒れになる!」と言われても
なかなか信じることが出来ない訳で、、

  

こんな感じで、昼前は晴れが続きましたよ。

 

やがて札幌に寒冷前線の気配

 

ところが。

恐れていた「予報通りの展開」が始まった、、
 

午後13時過ぎ、藻岩山の山頂。

いつもならすっきりと見えるのに、
どうも白くぼんやりとしている。

「これは、、雪だ!」

強風にあおられて、山の向こうから
雪が飛んできているのか!
 

霧の様に空がぼんやりと見えている、、

 

どんどん飛んできたわ。
 

あ、ちなみにここは豊平区の公園。
(平岸高台公園)

 

昔「水曜どうでしょう」で、たまに収録が
されていた公園であります。(^^)

その名の通り、高台になっているので
景色が良いですよ。

 

今年もついに冬が来ましたねえ~

毎年毎年の事なのに、これからの長い
冬をどうしても思ってしまうわ。(^_^;)

目の前に「冬」が見える、、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・最後におまけ画像です

そして翌日。
街はすっかり雪景色に。

しばしの間、公園も冬休み。

 

道路を歩くのも、車で走るのも
注意しなきゃならない季節でもあります。

 

札幌は毎年平均で5~6メートルの雪が積もる。

これから始まる長い冬。
風邪ひかないように頑張ろう。(^_^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました