小樽の天狗山展望台へGO!!(夕日編)

札幌観光の大ヒント

ここは小樽の天狗山。展望台から望む夕日が美しい

2021年7月24日(土)
(本日は札幌の隣、小樽市のお話です)

小樽の天狗山展望台へは、車で上まで行けます。(通行無料)
広い駐車場があるので、普段は混雑する事はありませんよ。

今日の日没は19時5分頃。

この時間に行くと、空がちょうど赤く染まり始めます。
風もなく、綺麗な海が遠くまで見えました。

展望台からの光景は最高!

展望台の建物の屋上が、遠くまで見渡せる絶景ポイント。

ちょうどロープ―ウェイも到着するタイミングだったよ。

 

西の方を見ると、真っ赤に染まる海。

今日は天気が良かったので、余市町の海にある「ローソク岩」も見えましたよ。
(余市町は小樽の隣。岩までの距離は約22km、高さは46mもあります)

なんとな~くローソクの形に見えるのが分かるかな?
天狗山の展望台から見えるのは知らなかったさ。

 

そして、小樽市街地の様子がこちら。

日没前から街に少しずつ明かりが灯り始めます。
夜景前の静かな時間がゆっくりと過ぎて行く、、

 

そして19時過ぎ。

昼間に小樽をギラギラに照らした太陽が、海の向こうに沈んで行きました。

今日も30度超え。
今年は真夏日が何日も続くよ。 

 

シマリス公園があるよ

展望台のすぐ近くには「シマリス公園」があります。


こちらは入場無料
(自由に入れます)
 
その名の通り、中に5~6匹のシマリスがいて園内を走り回っていましたよ。

これはかわいい♪
きっと外国から来た観光客にも人気なんだろうな~。

 

天狗山が雨の日ってどうなっているの?

ちなみに雨の日ですが、天狗山は雲に隠れて完全に見えなくなります。

これは後日に行った時の様子ですが、展望台付近は雲の中の世界に。

 

第一展望台も雲の中。

晴れている日は、こんな感じです。

 

シマリス公園の奥には天狗山神社があるのですが、そちらも雲の中の光景になっていました。

でもこれはこれで、なかなか幻想的な世界。
(こんな日でもロープ―ウェイで上がって来る人がいましたし)

 

日没後の小樽の街並み

では最後にまとめです。

日が沈むと夕焼け空がだんだんと青くなり、街全体が夜に向かい始めます。

今日は展望台にいる人もほんの数人。
風がないので、とても静かなまま時間が過ぎて行きましたよ。

海も穏やか。
港町小樽の雰囲気を楽しみました。

素敵な時間をありがとう。 

また来よう。(^_^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました