北海道の秘密の1つ。それは口取りと言うお楽しみ。

今日の気になる札幌話

(2020年1月5日)

 

北海道人の年末年始のお楽しみ。
それは「口取り」(くちとり)。
 

ふふふ。
ちょっと大げさな表現でしょうか。(笑)

年末には口取りが無いと駄目なんです。

 

『白あん』がエビや鯛の形になっていて
柔らかくて甘~いお菓子♪
一緒にようかんが添えられている場合も
ありますよ。(^_^)

 

- 年末の道民の特徴 -

・大晦日からおせちを食べる

・大晦日から寿司を食べる

そして、

大晦日に口取りを食べる。(笑)

まあこの辺は、道民によってちょっと違う
かも知れないけれど、俺は口取りは年末から
食べるタイプ♪
「新年になったから食べよう~」と、言う物
では無いと思ってる。

大晦日にごちそうを食べた後に、
モグモグとつまんでない?

 

ちなみに数日前の2019年末にはこんな
商品がありました。

 

2019年末の口取り

まずはこの写真。

 

左下の黄色いの分かります?
イノシシですね。

そして右となりには魚の鯛。
 
さらに右は、、

ネズミになってる!!

ちゃんと時代を反映していますなあ。(笑)

 

そしてもう一種類。

 

ここにもイノシシとネズミだっ!!

 

作る会社によって、デザインが違うね。

 

年末には、お店ですごい量が売られるけど
もう今日の1月5日にはどこにも無い。
(あれば今日も食べたいんだけどね~)

 

北海道の不思議な文化だね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました