⑤エディターにhtmlを打ち込んだら、なんと!

HTMLわからん

(2020年5月3日)

さて、今日も1段上のレベルアップを
目指して行こう。

「目標」
 エディターにhtmlを打ち込んで、
 パソコン画面に出せるようにする。

(ブラウザは「グーグルクローム」を使用) 
 

まずは前回に覚えた基本の「型」(コード)。


<!doctype html>
<html lang=”ja”>

<head>
<meta charset=”utf-8″>
</head>

<body>
</body>

</html>


このコードの<body></body>の間に
文章を入れて行く。

下の2行を「サンプル文書」として
打ち込んでみます。

<h1>ホームページをつくるぞ</h1> 
<p>ここから始まる第一歩</p>

<h1>は「見出し」のタグ。
(hは「heading」の略)
 
<p>は段落。
(pは「paragraph」の略 )

 
入れるとこうなりますね。(赤枠)

 

これに名前を付けて保存。

フォルダー名は「challenge」
作成しています。

 

ファイルは「sample.html」
名前にする。

 

「sample」ファイルが出来ました。↓

「challenge」フォルダーの中に
「sample」ファイルが入ってますね。(^_^)

 

エディターに打ち込んだhtmlが大変化!

エディターに打ち込み終了。
そしてファイルが完成。

あとは、、

このファイルを開くのみ。

すると、、

 

出たあ!!

打ち込んだhtmlがパソコン画面に
出て来た!!

 

これが基本の基本。初歩の初歩。

だけど、これでまた少し先に
進むことが出来たよ~。\(^_^)/

引き続き覚えて行こう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました